2007年12月27日

ヒョードル降臨

てなわけで、気持ちはダイナマイトへ(^^;)

祝いメール及びコメントの数々ありがとうございました。
要求してないと言いながら、まったく来なかったらどうしようと
思ってた笑。よかったぁ。普通っていいもんだね☆
心洗われる感じ。

やっぱり歌が好きだったり歌のことに言及している限りは、アニヴァーサリー的なことを避けて通ったり否定的な発言はどうかと自分で思う。なぜならポピュラーシーンは、なんだかんだ言ってもラブソングが中心の世界、何の日とか数字をダイレクトに書いてない詞でもあの日あの時あの場所で、とか、拠点になるディテールを暗示しているものも多い。または「バトンタッチフレーズ」って言うんだけど、聴き手に勝手な想像を掻き立てる類とか♪
そんな表現が多い世界のことを一応好きなのに、ドッチラケな空気を創る発言はわざわざしないってもんだ。

最近若手でいい曲書くなぁ、と思うのは、バンプ・オブ・チキン、リップスライム、レミオロメン、スキマスイッチ等・・YUIも才能あるなぁ。カラオケで「粉雪」と「3月9日」は歌います笑。


あ気持ちはダイナマイトだった。でも紅白、しょこたんと谷村さん(出るのか?知らない)のときは観る笑。

桜庭が無敵と言われたグレイシー一族の1人、ホイラーグレイシーを破った試合を有明コロシアムまで観に行った。
格闘技界に衝撃が走ったなぁ。桜庭が勝利をおさめたときは、もう地鳴りのような歓声、僕もその中に混じっていた。

「今度はお兄さん、僕とやりましょう!!」と試合後のマイクパフォーマンス。そのお兄さんというのが、ホイラーのセコンドに付いていた、400戦無敗というヒクソングレイシー。桜庭とヒクソン、観たかった。シウバに3連敗してから調子悪くなったけど桜庭マジで強かったんだから。

もし実現可能なら一番観たいマッチメークは、全盛期のヒクソン対現世界最強のヒョードル。全世界の格闘技ファンが固唾を呑んで観るにちがいない。でもありえないな笑。

でもPRI○Eが民放を追放されてから、僕の中でも格闘技番組をあまりチェックしなくなったり、興味が薄れてきていたが、久しぶりにヒョードルを観れるとは。相手はチェ・ホンマンか・・・
話題性は抜群だけど、ヒョードルの強さは冷たい氷のようだ。










at 20:29|Permalink日記