2008年02月28日

マワタンギョーカイリスペクトパスカル

てなわけで、何事もなくきたのでこのまましばらく突っ走ろうってか(^^:)


一般ユーザーがプロのことを尊敬したり惚れ込んだりする、そのおかげで業界も成り立っているようなもんだよね。僕もたくさんいる。
でもプロがプロを認めリスペクトを払うとなると、とたんにその数も少なく、値打ちも格段と違ってくる。

音楽の世界ではその対象になるような者を「ミュージシャンズミュージシャン」と言う。

マワくんはデビュー二年もしないうちにいろんなプロから。これは異例と言える。まあ単なるエピソードもあるけど、時代を感じたらご勘弁を。


・ドリ○ム中村○人さん

プロデュースをやらせてほしいとまず名乗り出た。
ドリ○ムも自ら打ち込みアレンジをやる者として、当初マワくんに影響を受けた部分が大きい。
今はなき(ん?)メンバー西川○広氏もキーボードの手ほどきを受けていたのです。


・つ○くさん

乱ランQ時代に楽屋で会ったとき「馬渡さん!僕アルバム持ってるんですよぅ、ファンなんです」と。業界では普通CD等はサンプルとして手に入ったりするので、その時点で肩を並べる他のプロのものはライバル意識もあり、ほぼ買うことはない。が、彼は自腹で購入していた。


・玉置○二さん

同じ出演イベントの楽屋で、ステージをモニターでじっと見つめていたらしく、帰ってきた彼女に「馬渡さん、いい曲書くねぇ」と感心していたという。彼のファンでもあったので、素直にうれしかったようだ。


・林田○二さん

スマ○プに提供した一連の楽曲からもわかるように彼もかっこいい洋楽センスばりばり。彼がラジオ出演したとき、来週のゲストが馬渡松子で、紹介曲として「Mrプレッシャー」が紹介曲で流れたとき、「こ、これ誰??」と、脅威を示したという。


・森川○穂さん

パーソナリティを努めるラジオ番組にゲスト出演させてもらったとき、キャラに惚れたのか笑、二度目の出演のときは漫才師のようにおたがいをおもしろおかしくののしり合っていた。リーの詞もやたらいいと言ってくれてたらしい。うれしーねー。


・ドリ○ム吉田○和さん

とにかく「マワちゃんのデモがすごい」という評判が一人歩きしてしまって、○和さんも必死に聴きたがっていたという。
レコーディングを始めてからも「+、-、0プラスマイナスゼロ」などお気に入りらしくて何度も口ずさんでいたらしい。
同事務所に所属してから渋谷のテイクオフ7でライブを重ねていたが、ドリ○ムのメンバーもお忍びで何度かマワくんのライブを観に来ていた。以前○和さんとはメル友してると聞いたが?
今はどーかなー

その他にも僕の知らないところであったと思うけど、わりと内容を覚えているのはこのぐらい。


次回はミュージックステーション出演エピソードなど~♪








at 22:45|Permalink日記