2017年09月24日

渾跡


作詞において、立派な実績があるとは云えないですが、
主に関わった所のカラオケ歌われているランキングにおいて、
全て1位になっている事を知りました。
ポップスのアーティストの楽曲も、25年間トップではあるので。

ソースは? 根拠は? と疑ってみましたが、
JASRACにおける自身の明細と照らし合わせると、
ちゃんと辻褄は合っています。


声をかけられて寄り道のように書き始めた演歌や歌謡曲、
言葉を美しい方向に紡ぐ作業は好きだったので、
ジャンル関係なくどっぷりハマったものです。。

先方達にはメインで大事にしている作家関係があったり、
大御所が優先だから、のような対応も感じ、
自身は、誠意を持ちモノづくりとして関わる意識は、
長くこなしてきたはずなので、
何か大きなアクションでもない限り、
もう泉の蓋は閉じたままでもいいと思っている。

しかし人関係をコントロールしていきながら、
結局、最初に関わったこんな一端の作家に、
カラオケランキングではあれども、一番を獲らせて何やってんだ、
と言う意見があってもおかしくない。

凌駕する才能があるからか (誰も言ってくれないので笑)。
それなら冥利に尽きるというものですが、裏を返せば、この結果は。。
ぜひ、リーをメインにしていかなかった分、
現状維持を美化せずに発想を考え直し、
他の歌がすんなりとプロデュース通り全体反映するように、
塗り替えていってほしいものです。

ふと思えば、
一般の方がカラオケで歌う場合はどう捉えながら楽しむだろうと、
人知れず緻密なバランスを考えて織り込みながら、
詞を進めていったのは確かですが。



「ほかされて」作詞リーシャウロン  1位?
「冬恋かなし」作詞リーシャウロン  1位?
だけどもう、関わらない流れになっている。へんなの(笑)
何か、無理に捻じ曲げる意識か作用がない限り、
このスタンスなら、後々も自然に繋がっていくもの。










作家の意識レベルにもよるが、
ノーマルな作品ではまずいと思い渾身を込めていく分、
とかく単独と複数の関係に見舞われる。

あの人は、と言い合える相手もおらず、
言い方を換えれば、徒党も組めず、
意思とは違う吹聴をされる事はあっても、自身は出来ず。
孤独になって、もくもくと作業するしかない。

しかしモノづくりである限り、
対人の操作が一番の仕事ではない。

人の心に作品が遺ってなんぼの世界ですよね。

好んで歌ってくださってるユーザーの方々、
ありがとうございます。




leefree at 12:00|PermalinkComments(0)