2017年09月22日

あの日、ショーシャンクの空を見た

アリアナ・グランデのテロの時の言葉、
本田圭佑選手のメキシコ地震への呟き。。

相変わらず、確かな結果を出し、
多くの実績のある公式人の言葉には同調を覚えます。

言葉だけが先行しても説得力には欠け、そもそも無理があるというもので。
何千万への知名度などない自分は、影響力の分母も知れており、
自己主張や訓示めいた発信など、空回りである自覚ぐらいはあります。
このブログを見て頂いてる方も、数人から数十人にしか過ぎないですから。

洋画、邦画、多種多用の音楽。多くのスポーツ。
視野を拡げて、イイものに沢山触れてきた人生には、
気付けば満足を感じています。
話題がやたら狭く、相手に迎合させてばっかり、
なんてことは、若い時よりなくなりました。


あの頃、あの映画を観に行った、
あの頃、あんな歌が流れていた。
あの日、あの試合に感動した。

こういうリンクは、良き思い出となっていきますが、
未来の為に毎日、今も思い出は作られ続けている。
このナチュラルさは良いですね。



他人の謙虚を、悩みと勘違いして、塩を塗るような説教を垂れたり。
エアリプ=直接物申すことはせず、遠回しに反応めいた文言を発する。
これはSNSでは最低の行為のように言われていますが、ブログも然り。
(あんたに言ってんじゃないんだよ いちいち反応するな)

そんなネットならではの民度の低さも随分見てきたので、
それも避けられるようになった。


自我強欲の為に、他人を振り回したり蹴落としたり、
そんな自覚もない者にならない為には、
盲目的にならず、様々なものに触れていく必要もあるのかも知れません。
特に歌や作品の一端の表現者であるならば。

これは70や80になってもピンとこないケースもありそうなので、
少し早く悟ってよかったと思っています。

掘り起こして何度も楽しめる映画を、沢山知っているのはひとつの財産。
歌を目指していた時は、表現が薄っぺらになるからと、
歌以外の事をなるべく吸収しなければと躍起になっていました。
手探りで、ひたすらもがいている感がありましたが、
作詞にも活かされ、今となっては大正解です。


東京五輪の体操競技は江東区であるという。
チケット獲れるかな~、今から楽しみです。



leefree at 12:00|PermalinkComments(0)