2014年06月14日

酒と泪と男と女


前出の河島英五さんに、
実はお会いしたことがあります。
ラジオ大阪だったかなぁ。
英五さんの番組に出演しました。

といってもアマチュアの青臭い頃、
だから緊張しまくりでしたが。
その時はアニメシンガーを本気で目指していて、
ヒーローショーの企画をやっている会社から、
ゲストで出ないかと。

レコードも出してない、主題歌も歌ってない、
なのにゲストって・・・

しかも番組中に、アカペラで歌わされて、、、
いい機会をもらってる事に感謝しなければいけないんだけど、
そういうことじゃないと思いながら。

アニメ主題歌の歌い手、
今でこそ専門のオーディション番組が生まれたり、
アニソン歌手として売り出す企画があったり、
存在が認知されているが、当時は目立たない存在。
それでもみんな優れた歌唱力で、
職人のように次から次へと歌を吹き込んでいる、
その曲数は数百から数千に及ぶ、不思議な立ち位置にあった。

当時かなり歌いこんでいた、
佐々木功さんの「真っ赤なスカーフ」を歌って恥を掻きました(笑)

酷かったのに英五さんは優しくて、
僕を褒めたり励ましたりしてくれて、
プロの大人って凄いなぁって思う気持ちと、
申し訳ない気持ちで未熟な若い心は溢れていました。

亡くなられたのを知った時も、そこから随分後の事で、
ああ、亡くなられてしまったのか・・・という感じでしたが。
自分の記事で思い出したので。



leefree at 03:00│Comments(0)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字